専門家に頼めば売却が可能に

女性

月々の支払いができなかったり、転勤で新しい土地に引っ越したりするなど、さまざまな事情で住まいの売却を検討しなければいけないことがあります。もし、住宅ローンが残っている場合は、まずは契約をしたときの書類に目を通しましょう。そうすれば、住宅ローンが残った状態では、売るのが無理だという記述を見つけられるはずです。そうなると、売るのは絶望的に感じてしまうでしょうが、救済措置として任意売却というシステムが用意されているので安心しましょう。任意売却を上手く活用すれば、契約書で売れないことになっていても問題なく手放せます。なお、任意売却の利用を考えたときに、最初に行うべきなのは専門家への相談です。専門家への依頼は、費用がかかると考える方もいるでしょうが、払った金額以上の見返りがある場合が多いので、頼まないのはもったいないといえます。ただし、住宅ローンを滞納しているのなら、手元に専門家に支払うためのお金がまったくない方もいるはずです。それでは、専門家に頼めないように感じますが、家を売った金額から差し引かれるので安心しましょう。つまり、お金が一銭もなかったとしても、売却できた金額の中からだすことになるので、問題なく任意売却を専門家に頼めます。

お金を支払わずに相談できる

住宅模型

任意売却がどのようなシステムなのか分からないのなら、いきなり頼むのは不安なため、まずは専門家から説明を受けたいと感じるはずです。専門的な知識を持つ方に相談するためには費用がかかると考えるかもしれませんが、無料相談が用意されているケースが多いので、お金はまったく必要ありません。直接会っての相談はもちろん、メールでの相談も行なえるので、借金の悩みを話しにくい場合も安心です。いろいろなケースで相談に乗ってくれるので、住宅ローンのせいで家が手放せずに困っているのなら頼りましょう。ちなみに、住宅ローンを滞納しているのなら、競売にかけられる可能性もあるため、早めの連絡をおすすめします。なお、無事に売れたとしても、新生活を始めるための費用がなければ、新しいスタートを切るのが苦労してしまいます。もしも、新生活のためのお金を用意するのも難しい状態にあるのなら、新しい住まいへの引越し代を確保してくれる専門家を頼りましょう。頼むところによっては、引越し代を用意してくれるため、スムーズに新生活を始められます。引越し費用は近い距離でも数十万円以上のケースもあるので、少しでも負担を軽くしたいのなら、対応するところを選びましょう。

広告募集中